迷惑メール

【要注意!】「[緊急]Amazonアカウントが制限されようとしています。」は詐欺メールでした。

2022年1月27日

この記事でわかること

「[緊急]Amazonアカウントが制限されようとしています。すぐに処理してください!」のメールが詐欺メールだと判断した理由

こんな方におすすめ

  • 「[緊急]Amazonアカウントが制限されようとしています。すぐに処理してください!」と言うメールを受け取って不安になっている方

 

先日、「[緊急]Amazonアカウントが制限されようとしています。すぐに処理してください!」というメールが届きました。

このメール、Amazonを装った詐欺メールです。

個人情報などを入力しない様に気をつけてください!

 

「[緊急]Amazonアカウントが制限されようとしています。すぐに処理してください!」は詐欺メールなので注意してください!

パッと見た感じ、Amazonからの警告メールのようですが…

Amazonを装ったフィッシング詐欺メールです。

個人情報を入れない様に注意してください。

 

メールには、

  • Amazonアカウントが制限されようとしています。
  • お客様のアカウントから異常なアクティビティが検出されました。
  • 下の確認ボタンをクリックし、保留を解除するための必要な手順に従います。

とあり、ドキッとしてしまいますが、怪しい点があります。

 

「Amazonアカウントが制限されようとしています。」のメールが怪しいポイント

①メールの宛名が「親愛なる顧客+メールアドレス」になっている。

メール本文をよく見てみると、宛名が「親愛なる顧客+メールアドレス」となっています。

詐欺メールの送り主はメールアドレスくらいしかあなたの情報を知らないので、宛名に個人名を入れられないのです。

 

②差出人のメールアドレスのドメインが「amazon」ではない。

差出人のメールアドレスを確認すると、「no-reply@accounts.google.com」となっています。

Amazonから来たメールなのに、ドメインがgoogleとなっているのは明らかにおかしいです。

 

③なんだか日本語がおかしい。

メール本文の冒頭に「親愛なる顧客」とあります。

ちょっと変な表現ですよね。

おそらく「Dear customer」を翻訳ソフトで日本語変換したのではと推測しています。

また、「保留を解除するために必要な手順に従います。」となりますが、「従ってください」の方がしっくりきますよね。

これも日本語変換されたためこうなったのでしょう。

 

おわりに

「[緊急]Amazonアカウントが制限されようとしています。」は詐欺メールです。

Amazonを装った、メールがは時々きますが、受け取ると不安になってしまいますよね。

心当たりのないメールが来た場合は、宛名や差出人のメールアドレスを確認してみてくださいね。

コチラの記事も参考にしてみてください。

【気を付けて!】Amazonを装ったフィッシング詐欺メールを見極める方法5選

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回の記事が何かの参考になれば幸いです。

-迷惑メール
-,

© 2022 男 男 DA 男 (だんだんだだん) Powered by AFFINGER5