迷惑メール

【要注意!】「Amazonセキュリティ警告:提供された情報がカード発行者ファイルの情報と一致しません」は詐欺メールでした。

2022年1月29日

この記事でわかること

「Amazonセキュリティ警告:提供された情報がカード発行者ファイルの情報と一致しません」のメールが詐欺メールだと判断した理由

こんな方におすすめ

  • 「Amazonセキュリティ警告:提供された情報がカード発行者ファイルの情報と一致しません」と言うメールを受け取って不安になっている方

 

先日、「Amazonセキュリティ警告:提供された情報がカード発行者ファイルの情報と一致しません」というメールが届きました。

このメール、Amazonを装った詐欺メールです。

個人情報などを入力しない様に気をつけてください!

 

「Amazonセキュリティ警告:提供された情報がカード発行者ファイルの情報と一致しません」は詐欺メールなので注意してください!

パッと見た感じ、Amazonからの警告メールのようですが…

Amazonを装ったフィッシング詐欺メールです。

個人情報を入れない様に注意してください。

 

メールには、

  • 私たちはあなたのAmazonアカウントとすべての保留中の注文を保持しました。
  • 提供された情報がカード発行者ファイルの情報と一致しません。
  • この問題を解決するには、支払いカードに登録されている名前、住所、電話番号を確認してください。

とあります。

 

「Amazonセキュリティ警告:提供された情報がカード発行者ファイルの情報と一致しません」のメールが怪しいポイント

①メールの宛名が「お客様各位+メールアドレス」になっている。

メール本文をよく見てみると、宛名が「お客様各位+メールアドレス」となっています。

詐欺メールの送り主はあなたのメールアドレスしか知らないので、宛名に個人名を入れられないのです。

そもそも「各位」とは複数の相手に使用する敬称です。

個人に宛てたメールに「各位」とあるのはおかしいですよね。

 

②差出人のメールアドレスのドメインが「amazon」ではない。

差出人のメールアドレスを確認すると、「googleplay-noreply@google.com」となっています。

他にも「forms-receipts-noreply@google.com」だったこともあります。

Amazonから来たメールなのに、ドメインがgoogleなんておかしいですよね。

 

③なんだか日本語がおかしい。

・個人の向けたメールなのに複数の相手に対して使用する敬称「各位」が使われています。

・「私たちはあなたのAmazonアカウントとすべての保留中の注文を保持しました。 」

「注文を保持する」ってどういう状況でしょう?

意味がよくわからない日本語になっています。

・「ご清聴ありがとうございました」

最後にこの一文です。

メールなのに、「ご清聴」なんてことはないですよね…

 

おわりに

「Amazonセキュリティ警告:提供された情報がカード発行者ファイルの情報と一致しません」は詐欺メールです。

このメールは日本語にもおかしな点が多く、すぐに怪しいと感じた方もおおいでしょう。

でも、突然警告メールがくると不安になりますよね。

心当たりのないメールが来た場合は、宛名や差出人のメールアドレスを確認してみてくださいね。

コチラの記事も参考にしてみてください。

【気を付けて!】Amazonを装ったフィッシング詐欺メールを見極める方法5選

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回の記事が何かの参考になれば幸いです。

-迷惑メール
-,

© 2022 男 男 DA 男 (だんだんだだん) Powered by AFFINGER5