子供 絵本 読まない

子育て

子供が絵本を読まない!聞かない!絵本が苦手な子への対処法を紹介

絵本を読まない、聞かない子どもは読書の楽しさを知らないのかもしれません。

読書の時間が楽しくなれば、子どもから絵本を読んでとせがんでくるようになりますよ。

この記事では以下の3点を紹介しています。

  • 絵本時間を楽しくするためのヒント
  • 絵本時間を楽しくする関わり方
  • 読書習慣の育て方
さとみん
ウチも苦戦しました。

やんちゃな男児3人は読まないどころか、本を破ちゃうなんてことも…

この記事では、子どもが楽しく読書することができる方法を紹介していますよ。

絵本時間を楽しくするためのヒント

子どもが絵本の楽しさを知らないから興味を示さないことがよくあるんですよね。

ゲームの知らない子どもはゲームをやりたがることもありませんよね。

親が絵本の楽しさを伝えていくことで、子どもも絵本の楽しさを知るんです。

まずは、本を読むことを楽しくすることのヒントを紹介しますね。

絵本の選び方

当たり前ですが、子どもが楽しめる絵本を選ぶことが大切です。

趣味や興味に合った絵本を選んであげましょうね。

子どもが冒険や動物が好きなら、そのテーマの絵本を選んであげましょう。

ウチの場合、車→恐竜→ゾロリやおしり探偵と推移してますよ!

年齢に合った絵本も重要ですよ。

さとみん
親が良かれと思って買った図鑑は見向きもされず、数年眠ってました…

子どもにとって理解しやすい絵本を選んであげましょうね。

子どもと一緒に読むこと

子どもが絵本を楽しむためには、読み聞かせも重要ですよ。

小さい子どもは自分で本を読めないこともありますが、子どもに「綺麗な色だね」とか語りかけながら読むと子どももそのシーンに集中できるんです。

声や表情を変えて読み聞かせすることでも、子どもの注目を引くことができますよ。

まずは子どもが絵本は親との遊びの時間の延長であるような楽しい気持ちになってもらうことが大切なんです。

少し子どもが大きくなると、絵本の内容について話したり、子どもから質問受けたりとコミニケーションが取れるんですよね。

読書を楽しくする関わり方

絵本通じて他の楽しみに繋げると、子どもが楽しいこととして絵本を認識する様になりますよ。

ここからは、絵本を楽しくする関わり方について紹介しますね。

絵本に関連した遊びをする

絵本を読んだ後に、関連する遊びをすることで子どもの楽しみ方が増しますよ。

例えば、絵本の中のキャラクターの絵を描いたり、絵本のキャラクターのセリフを日常の会話に入れてみたり。

こういった関わりを通して、子どもに読書の楽しさを感じてもらえる様に工夫してみてはいかがでしょうか。

図書館に行ってみる

図書館に行くこともオススメですよ。

図書館では、様々な絵本との出会いがあります。

新しい絵本を探すことで、子どもたちの興味を引くことができるです。

きっと、子どもが楽しめる絵本を自分から見つけることができますよ。

むしろ、大人が思いもよらない本に興味を持つこともあって、新鮮な驚きを感じることも!

 

また、図書館では読み聞かせイベントやワークショップなどが開催されている場合もありますよ。

イベントに参加することで、子どもが絵本の楽しさに気付くきっかけになることもありますよ。

絵本について色々話をしてみる

絵本について子ども話合うのもいいですよ。

「あの場面ではなぜこうなったのだろう」「どうしたらよかったかな?」親子で絵本について話し合うことでより深く絵本を楽しめるんですよね。

子どもって親と共有していることを喜ぶんですよね。

ポケモンとかゲームの話で子どもと盛り上がることありますよね?

絵本でも一緒に盛り上がって、子どもを楽しい気分に盛り立ててくださいね。

読書習慣の育て方

読書の習慣はすぐに身につくものではありません。

でも、日々の関りの積み重ねで子どもが段々本を好きになりますよ。

読書の時間を確保すること

子どもたちが絵本を読むためには、読書の時間を確保することが大切ですよ。

毎日 読書の時間を確保することで、子どもたちは少しずつ読書に興味を持ちますよ。

また、読書の時間を確保することで、子どもたちは読書習慣を身につけることができるんです。

さとみん
我が家の場合は寝る前が絵本の時間。

次はどうなるのかワクワクしながら、少しずつ読み進めてます。

親も展開が気になっちゃう話も多いんですよ。

子どもに絵本を選んでもらう

子どもたちに絵本を選んでもらうのいいですね!

子どもたちが自分自身で絵本を選ぶことで、子どもたちが何に興味があるか知るきっかけにもなりますよ。

また、子どもたちが自分自身で絵本を選ぶことで、読書に対して興味を持つことができるです。

読書に関連する遊びを行うこと

読書に関連する遊びを行うことも大切ですよ。

例えば、絵本を読んだ後に、絵本に関連するゲームやお絵かきなどをやるんです。

こういった遊びを通して、子どもたちは読書に対して興味を持つことができますよ。

また、子どもたちは読んだ内容をより深く理解することができるんです。

まとめ

子どもが絵本を読まない、聞かないときはまずは絵本の楽しさを伝えてみてくださいね。

  • 子どもの好きな本、興味ある本を選ぶ
  • 子供と一緒に読む
  • 読書の登場キャラの絵を描いたり、セリフを日常会話に入れてみたりと絵本との関りを増やす

といったことで、子どもが少しずつ絵本の楽しさを知っていくはずです。

焦らず取り組めば、子どもが絵本を楽しむようになりますよ。

-子育て
-, ,

© 2023 男 男 DA 男 (だんだんだだん) Powered by AFFINGER5