迷惑メール

「<重要>三井住友カードお客様情報の確認」は詐欺メール

三井住友カードから送られてきたかの様な「<重要>三井住友カードお客様情報の確認」というメールは…

三井住友カードを装った詐欺メールです。

クリックを求める内容ですが、クリックしない様に気をつけてください!

 

この記事では「<重要>三井住友カードお客様情報の確認」というメールの怪しいポイントを解説しています。

メールを受け取ったあなたの不安を解消できれば幸いです。

「<重要>三井住友カードお客様情報の確認」のメールが怪しいポイント

①宛名が個人宛てじゃない

メールをよく見てみると、個人へ向けた宛名がありません。

「お客さま」となっているんです。

本文には「ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありました」とあります。

「ご本人様のご利用かどうか」と知りたいのですから、「誰」のカードが利用されたのか知ったうえで連絡するはずですよね?

詐欺メールの送り主はあなたのメールアドレスしか知らないので、宛名を記載できないのです。

そのためメールアドレスや「お客様」と載せるしかないんです。

②差出人のメールアドレスが怪しい

差出人をタップしてのメールアドレスのドメインを確認すると…

「@vvstore.jp」

となっています。

三井住友カードからのメールは以下のドメインなんですよね。

  • contact.vpass.ne.jp
  • vpass.ne.jp
  • mail.vpass.ne.jp
  • smbc-card.com
  • prepaid.smbc-card.com
  • smbcgroup-point.jp
  • otp-auth.net

上記以外のドメインからメールが来るのは怪しいですよね。

 

そもそもGoogleのドメインを他の会社が使うわけないですし…

③メールに記載されているURLのリンク先がおかしい

今回のメールにある「ログイン」の部分なんて、一見すると三井住友カードのサイトへのリンクかと思いますよね。

でも、リンク先が「https://www.smbc-card.com/」ではないんです。

「smbc」の文字も含まれていますが、「amazon」みたいな文字もあって怪しいです。

PCでメールを開いて、カーソル(矢印)をURLに重ねると、画面の左下にリンク先のURLが表示されますよ。

URLをクリックしなくても、確認できるので試してみてくださいね。

メールをクリックせず、アプリなどから確認しよう!

あなたのSMBC(三井住友銀行)のサイト利用を制限をするかの様な今回の詐欺メール。

メールをクリックせずに、SMBC(三井住友銀行)のアプリなどからログインして状況を確認しましょう。

PCから確認する場合は、いつも使っているブラウザのブックマークからなど信頼できるサイトからログインしてくださいね。

本当にあなたのSMBC(三井住友銀行)のサイト利用制限をうけているのなら、マイページにも同じ内容のメールが来ているはずです。

詐欺メールを見て、慌てずに行動してくださいね!

実際にカード情報などを入力してしまった場合どうしたらよい?

実際に誤ってカード情報や住所、名前、電話番号を入力してしまった場合…

まずはカード会社に連絡してくださいね!

カード会社に連絡することで、カード会社が対応してくれますよ。

注意点が1つ

クレジットカードの裏面にサインがないと不正利用されても保障されない可能性があるので、必ず署名してくださいね!

正直なところ、住所や名前、電話番号を入力してしまった後にあなたに出来ることはあまりありません。

個人情報が漏れたことで、新たな迷惑メールや不審な電話に気を付けるくらいです。

クレジットカードの利用を停止することが、あなたができる数少ない手段なんです。

個人情報入力後に不審なメールであると気が付いたら、すぐにカード会社に連絡してくださいね。

「<重要>三井住友カードお客様情報の確認の内容

メールタイトル:

<重要>三井住友カードお客様情報の確認

メール本文:

————三井住友カード重要なお知らせ————

ご注意

このたび、ご本人様のご利用かどうかを確認させていただきたいお取引がありましたので、誠に勝手ながら、カードのご利用を一部制限させていただき、ご連絡させていただきました
弊社では第三者によるカード犯罪を未然に防止し、会員の皆さまに安心してカードをご利用いただくために、カードご利用の際に、お客さまの信用状況、ご利用可能額に関係なく、カードのお取引を保留させていただく場合がございます。

ご利用内容の確認を以下の方法でご確認させていただく場合がございます。

※このシステムにより、お取引を保留させていただく場合がございます。

弊社では第三者によるカード犯罪を未然に防止し、会員の皆さまに安心してカードをご利用いただくために、カードご利用の際に、お客さまの信用状況、ご利用可能額に関係なく、カードのお取引を保留させていただく場合がございます

※ご利用内容の確認を以下の方法でご確認させていただく場合がございます。

お客さまのクレジットカード
お支払いに指定されている金融機関の口座番号
「通帳」か「キャッシュカード」をご用意ください

ログイン

この間、ご迷惑をおかけしますがご容赦ください。
※変更後、48時間以内に発効する必要があり、期間中は使用できません。

※カードの個人情報によっては電話で連絡する場合もございます。

※正確な情報は必ず記入してください。

ご留意事項

・ 本電子メールは、三井住友銀行にご登録いただいた電子メールアドレス宛に配信しております。

・ 「HTMLメール」は、パソコン・スマートフォンを対象に配信し、お客さまが利用されているメールソフトや端末の設定などにより「テキストメール」の配信となります。
また、メールソフトによっては、表示がくずれたり、何も表示されなかったりする場合があります。

・ 配信停止・メールアドレス等の変更はこちらよりお手続きいただけます。

・ このメールは送信専用です。 お問い合わせはこちらまでお願いいたします。

【金融機関等を装う電子メールにご注意ください】

・ 「三井住友銀行」名でお送りする電子メールには、携帯電話向けを除いて電子署名を付けています。

・ 当行を装う不審なメールにご注意ください。詳しくはこちらよりご確認いただけます。

・ インターネットバンキング(SMBCダイレクト)の情報を盗み取ろうとする犯罪にご注意ください。
当行では、不正送金対策ソフト「Phishwall(フィッシュウォール)プレミアム」を無料で提供しています。
ダウンロードはこちらから(パソコン専用)

あなたの取引内容を確認したいことをほのめかし、個人情報を得ようとするフィッシング詐欺メールです。

一見、本人確認のURLの様に見えますが、リンク先のURLは三井住友カードとは別のサイトになっていました!

「<重要>三井住友カードお客様情報の確認」は詐欺メール! まとめ

「<重要>三井住友カードお客様情報の確認」は詐欺メールです。詐欺メールを疑うポイントは3つ

  • 宛名が個人宛てじゃない
  • 差出人のメールアドレスが「@dn.smbc.co.jp」ではない
  • メールに記載されているURLのリンク先がおかしい

三井住友カードなどの大手カード会社から、怪しいメールが来たら不安になってしまいますよね。

どうしても心配ならば直接、三井住友カードに問い合わせましょう!

いきなりメールからクリックしない様に!

心当たりのないメールが来た場合は、宛名や差出人のメールアドレスを確認してみてくださいね

 

コチラの記事はAmazonから来た迷惑メールの事例を基に詐欺メールを見極める方法を紹介しています。

参考にしてみてくださいね。

【気を付けて!】Amazonを装ったフィッシング詐欺メールを見極める方法5選

最後までお読みいただき、ありがとうございました。今回の記事が何かの参考になれば幸いです。

詐欺メールに引っかかることなく、しっかりあなたのお金を守ってくださいね!

-迷惑メール
-

© 2024 男 男 DA 男(だんだんだだん) Powered by AFFINGER5