迷惑メール

【要注意!】税務署からの【未払い税金のお知らせ】は詐欺メールでした。

2022年8月30日

国税庁から送られてきたかの様な「税務署からの【未払い税金のお知らせ】」という内容のメールは…

国税庁を装った詐欺メールです。

クリックを求める内容ですが、クリックしない様に気をつけてください!

 

この記事では「税務署からの【未払い税金のお知らせ】」と言うメールの怪しいポイントを解説しています。

メールを受け取ったあなたの不安を解消できれば幸いです。

税務署からの【未払い税金のお知らせ】」のメールが怪しいポイント

①宛名が個人宛てじゃない

メールをよく見てみると、宛名がありません。

個人に宛てたメールであれば、○○様など名前が記載されている場合がほとんどです。

普通「未払い税金の納付を求める」のであれば、個人が特定できているはずですよね?

「○○様、税金未払いになってますよ。」と言う内容のメールになっていないのはおかしいです。

詐欺メールの送り主はあなたのメールアドレスしか知らないので、宛名を記載できないんです。

②差出人のメールアドレスのドメインが「go.jp」ではない

差出人をタップしてメールアドレスを確認すると…

「eoi@0101.co.jp」

「shqfgu@bnv.net」

「noreply@facebookmail.com」

「mail@reserve.ne.jp」

となっています。

様々なメールアドレスから送信されていますね。

 

実は国税庁をはじめ政府機関のドメインは「go.jp」なんです。

「go」は「government(政府)」の略なんですよね。

ところが、メールのドメインは「co.jp」。

企業ドメインなんです。

国税庁から来たメールなのに、ドメインが「go.jp」ではないなんておかしいんですよね。

 

他にもドメインがgoogleだった例もあります。

国税庁が企業ドメインの入ったメールアドレスを使うなんてありえません!

国税庁は国税の納付を求めるメールを発信していません

国税庁も不審なメールの存在を把握しているようで、国税庁のHPに緊急のお知らせを出しています。

お知らせによると、国税庁は国税の納付や差し押さえの執行を予告するメールを送信していないとあります。

もし未払い税金があった場合、書面で連絡が来るということです。

未払い税金を支払う内容のメールが来ている時点で不信感を持ってくださいね!

 

国税庁の出している「緊急のお知らせ」の詳しい内容gはこちらをご覧ください

税務署からの【未払い税金のお知らせ】の内容

メールタイトル:

税務署からの【未払い税金のお知らせ】

メール本文:

e-Taxをご利用いただきありがとうございます。

あなたの所得稅(または延滞金(法律により計算した客勛 について、これまで自主的に納付されるよう催促してきま したが、まだ納付されておりません。
もし最終期限までに 納付がないときは、税法のきめるところにより、不動産、自 動車などの登記登録財産や給料、売掛金などの值権など の差押処分に着手致します。
納稅確認番号:****7688
滯納金合計:50000円
納付期限: 2022/8/30
最終期限: 2022/8/30 (支払期日の延長不可)

お支払いへ⇒ https://www.nta.go.jp/tax-payment

※ 本メールは、「国税電子申告・納税システム(e-Tax)」にメールアドレスを登録いただいた方へ配信しております。
なお、本メールアドレスは送信専用のため、返信を受け付けておりません。ご了承ください。
----------------------------------------------------------
発行元:国税庁
Copyright (C) NATIONAL TAX AGENCY ALL Rights Reserved.

 

あなたに未払い税金があるかのように不安を煽る内容ですが、個人情報を得ようとするフィッシング詐欺メールです。

少しでもセキュリティを向上させるために…

迷惑メールの主な目的は個人情報やクレジットカード情報を入手することです。

そこにはウイルスなどは関わっていないため、いわゆるウイルスソフトでは防ぐことは難しいのが現状です。

せめてもの対策として、あなたができることは同じパスワードを使い回さないこと。

同じパスワードを使っていると万が一パスワードが漏れちゃった場合、他のサイトにまで不正ログインされちゃうかも…

でも、サイトごとにパスポートを考えるのは大変だし、パスワードを覚えていられないですよね?

 

そんなあなたにオススメなのが「1Password」

「1Password」はパスポート管理サービスなんです。

パスポートを自動で生成してくれますし、パスワードの管理もできます。

「1Password」を導入するだけで、自分でパスワードを考える手間からも、たくさんあるパスポートの管理からも解放されますよ!

パスワードを忘れてログインできない!なんてことも無くなるんです!

 

1Password←こちらのサイトから申し込むと公式サイトから申し込むより約3,000円お得に使えますよ!

2022.9.12時点の価格

公式サイト:2.99ドル/月×12ヵ月×3年=107.64ドル
1ドル140円で計算すると…15,070円

1Password ←こちらのサイトから申し込むと3年版が10,978円!
約4,000円もお得ですよ!!

おわりに

「税務署からの【未払い税金のお知らせ】」は詐欺メールです。

詐欺メールを疑うポイントは2つ

  • 宛名が個人宛てじゃない
  • 差出人のメールアドレスのドメインが「go.jp」ではない

国税庁など国の機関からメールが来たら不安になってしまいますよね。

どうしても心配ならば近隣の税務署に直接問い合わせましょう!

いきなりメールのリンクをクリックしない様に!

 

心当たりのないメールが来た場合は、宛名や差出人のメールアドレスを確認してみてくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

今回の記事が何かの参考になれば幸いです。

詐欺メールに引っかかることなく、しっかりあなたのお金を守ってくださいね!

 

他の迷惑メール事例はコチラをご覧ください。

【要注意!】「【楽天銀行】ワンタイム認証用メールアドレスを更新お知らせ」は詐欺メールでした。

【要注意!】「【楽天銀行】必ずご回答ください/お客さま情報等の確認について」は詐欺メールでした

【要注意!】「【重要】楽天銀行からのお知らせ[振込・振替を一時制限しました]」は詐欺メールでした。

「えきねっとアカウントの自動退会処理について」は詐欺メールでした。

「【利用停止予告】KDDI未払い料金お支払いのお願い。」は詐欺メールでした。

Amazonの迷惑メール事例はコチラの記事にまとめています。

【気を付けて!】Amazonを装ったフィッシング詐欺メールを見極める方法5選

-迷惑メール
-, ,

© 2022 男 男 DA 男 (だんだんだだん) Powered by AFFINGER5