ごはん・お菓子

【梅仕事9年目の私が紹介します】梅仕事、梅シロップと梅酒づくり

2021年6月10日

こんにちは!

3兄弟母ちゃん、さとみんです。

 

6月に入って、梅の季節となり、青梅が出回ってきましたね。

私は、毎年全種類ではありませんが、何かしらの梅の仕込み、いわゆる梅仕事をしています。

梅仕事とは…

その年に採れた梅の実を使って仕込みをすることです。

その時期に少しの手間をかければ、あとはほぼ寝かせておいて季節感のある美味しい味に出会えます。

 

梅シロップなら水や炭酸水で割って子どもたちのジュースにも、大人用に白ワインや焼酎で割っても。

梅酒なら1年以上熟成させて、何年か寝かせた違いを楽しみながらロックもいいですね♪

大きな容器と梅と氷砂糖があれば、シロップならすぐできますし、

そこに焼酎を注げば梅酒も簡単に作れるのでぜひ作ってみてください。

 

【まずは基本から】梅シロップの作り方

レシピ

  • 氷砂糖  1kg
  • 梅    1kg
  • 食用酢   100g

 

手順

step
1
梅の実を洗って、水気をとります。

時間があればザルにあげてしばらく置きます。

なければ、キッチンペーパーなどで水分を拭き取ります

 

step
2
爪楊枝でヘタを取り除きます。

 

ここで、調理師の資格を持った母が編み出した技を紹介します!

それは、爪楊枝で梅全体に穴をあけることです。

こうすることによって、梅のエキスをより出すことができます!

 

 

 

step
3
ボールやタッパーなどの容器に入れてそのまま冷凍します。

ボールやタッパーが用意できないときは、ジップロック袋に入れてください。

ここまでは、梅を購入してから早めに行いましょう!

スッキリした味わいが魅力の青梅から、追熟して黄色く香りが強くなってきます。

5,6時間も冷凍すれば十分ですが、私は一晩置いています。

 

step
4
2Lの密閉できる容器を用意します。

後で逆さまにするので、溢れない容器である必要があります。

また、保存する上でも密閉できた方が長持ちします。

中をアルコールで消毒してキレイな布で拭き取っておきます。

 

step
5
中に凍った梅の実を3分の1くらい入れ、氷砂糖を3分の1くらい入れます。

これを容器が一杯になるまで繰り返します。

実が入り切らなかったら、別容器(ボールでも何でも)に残りの実と氷砂糖を入れておきます。

 

step
6
食用酢を入れます。

発酵防止のためです。

酢を入れないレシピや、焼酎100㎖を入れる場合もあります。

数時間して実が溶けて柔らかくなってきたら、別容器に入れておいた分を本容器に合わせます。

 

step
7
砂糖が溶けるように、容器を数日に一度逆さにします。

こうすることで、液が全体に満遍なく行き渡ります。

一度冷凍しているので、水分(=梅のエキス)が出やすいです。

保存は冷蔵庫に入れます。

 

step
8
2〜3週間で氷砂糖が溶けたら、梅の実をザルで濾して取り出します。

アルコールが入っていないので、実が腐ったりアクが出やすいためです。

 

step
9
シロップは鍋に入れて沸騰させ、アクは取り除きます。

1L容器に入れ、完全に冷めたら冷蔵庫で保存して、早めに使い切ります。

我が家は一夏で使い切るようにしています。

かき氷のシロップにも向いてます。

 

 

 

【簡単にできる応用編】梅酒の作り方

レシピ

  • 氷砂糖  800g〜1kg(お好みで。私は少し甘さ控えめにしてます)
  • 梅    1kg
  • 焼酎(35%) 1.8L

アレンジで、砂糖の一部を黒糖にして黒糖梅酒にしたり、焼酎をブランデーに置き換えたりするのも違った味が楽しめます。

今年2021年の梅酒は3分の1を黒糖に替えて、残りは氷砂糖を入れました。

手順

4L入る容器を用意します。

ない場合は、2L容器を二つ用意します。

(量を変更する場合はそれに合わせた容器を用意してください)

作り方は梅シロップとほぼ同じです。

最後に焼酎を入れるだけで梅酒になります。

  1. 梅と氷砂糖を交互に入れていきます。
  2. 最後に焼酎を注ぎ入れ、冷暗所に保管します。
  3. 氷砂糖が溶けるまで、数日に一度逆さにして全体を馴染ませます。
  4. 3〜4ヶ月寝かせたら飲めますが、一年以上寝かせると、より深みが出て美味しくなります。

私は結婚した年に漬けた梅酒をあえて記念日に一部残してあります( ´ ▽ ` )

 

おわりに

季節を感じる梅仕事、ぜひ仕込んでみませんか?

量が多いなと感じる方は、半量の500gをシロップに、

残りを梅酒に、と少なめに作るのもいいかもしれません。

また、漬け込んでいた梅の実も、ゼリーに入れたり、ジャムにしてパンに塗るだけでなくパウンドケーキやマドレーヌにも入れたりします。

昨年は、梅ジャムを入れたタルトも作りました。

今回の記事を読んで、梅仕事をしてみようと思った方が1人でもいれば嬉しいです。

 

TwitterInstagramでブログの更新をお知らせしています。

よろしければフォローをお願いします。

 

-ごはん・お菓子
-, , ,

© 2022 男 男 DA 男 (だんだんだだん) Powered by AFFINGER5