ごはん・お菓子

【元パティシエールが教える! レシピも公開!】おやつに作ってみませんか?プリン カラメル編

2021年5月2日

こんにちは!

3兄弟母ちゃん、さとみんです。

毎日家事や子育て、またはお仕事の方も、両方頑張っている方も、

お疲れさまです!!

そんな忙しい中でも、子どものおやつを手作りしてみたい!

と思う方もいらっしゃると思います。

そこで今回は簡単に作れるおやつの記事です。

簡単に作れるおやつ

簡単に作れるおやつ

そのうちの一つで今回のお話は、

 

プリン  です。

我が家の次男、三男は甘いものが大好きです。(長男はそうでもないんです。パティシエールの母としてはちょっと複雑…)

比較的簡単につくれるので、ちょくちょくプリンを作ります。

今やSNSが普及してお菓子のレシピもたくさんあって情報もたくさんありますが、作り方を紹介します。

なんでプリンなのか

プリンは、主な材料が卵、牛乳、砂糖でできていて、家庭でよく使う材料なうえ、栄養的にも優れているのでオススメです。

カラメルは味が濃いですが、カラメルなしなら離乳食のお子さんでも食べられますね。

手作りなら甘さ控えめにもできます。

そして、いくつかのポイントをおさえて最初の30分くらいの手間をかければ、後はオーブンと冷蔵庫がやってくれます。

ちなみに、フランス語では「crème caramel」といいます。(キャラメルクリームという意味です。)

レシピ

カラメル

  • グラニュー糖 40g
  • お湯または水 大さじ 1

プリン液

  • 牛乳   400cc
  • バニラの鞘 1センチ弱 またはバニラペースト またはバニラオイル(エッセンスでもいいですが、熱を加えるものはオイルが向いてます)
  • 卵    3個
  • きび砂糖 60g  (グラニュー糖や上白糖でも可)私はコクがあって好きなので、今回はきび砂糖を使いました。
お子さんにアレルギーをお持ちの場合には、卵の代わりにゼラチン5gなど凝固剤を、牛乳の代わりに豆乳を使用してください。

使用するもの

  • 小さな耐熱カップ6個分(オーブンの熱に耐えられるもの)
  • 小鍋
  • スプーン
  • 濡れている布巾
  • ホイッパー
  • ボール
  • 細かめのふるい(濾すため)

カラメル作り

作る前に

先に流すためのスプーンと、耐熱容器(約6個)、濡れている布巾、

大さじ1くらいのお湯(水でも可)を用意しておきます。

作り方

step
1
小鍋に砂糖を入れ、火にかけます。

量が多ければ砂糖を少しずつ入れて溶けてきたら足して行きますが、今回は量が少ないので一度に入れて大丈夫です。

熱の伝わりやすいところから溶けていき、色がついていきます。

この時、

木べらなどであまり混ぜない

のがポイントです!

step
2
混ぜるのでなく、鍋をゆっくり回して溶けてきた部分と溶けていない部分を合わせて溶かしていきます。

むやみに混ぜすぎると、砂糖が結晶化して白いかたまりになってきてしまいます。

step
3
全体が茶色く色づきます。

このくらいだと色が薄く甘めです。

これくらいまでしっかり色をつけます。

ここで鍋の底を濡れている布巾の上におき、温度が上がりすぎるのを止めます。

お湯を少量入れて温度を下げてから残りを入れます。

この時、焦がしているカラメルとの温度差が大きいと跳ねやすいので、気をつけてください。

とても熱いです!

水を使うなら、鍋を奥に傾けたり、大きめの鍋の蓋でガードするのも手です。

step
4
スプーンで混ぜます。

水で固まった部分を合わせて、固まりすぎていたら、再度火にかけ、溶かしてやわらかくします。

step
5
耐熱容器にスプーンで流し入れていきます。

このままプリン液ができるまで常温でおきます。

今回はここまで

今回カラメル編になりましたが、次回は本番!プリン本体編いきます!

良かったらお付き合いください。

【元パティシエールが教える! レシピも公開!】おやつに作ってみませんか?プリン プリン液編

今回は、子供のおやつとして紹介しましたが、自分の癒しに甘いものを食べたい、作ってみたいという方も挑戦してみてくださいね。

今回の記事が何かの参考になれば幸いです。

-ごはん・お菓子
-, , ,

© 2022 男 男 DA 男 (だんだんだだん) Powered by AFFINGER5