ごはん・お菓子

【元パティシエールが教える! レシピも公開!】朝の食卓に彩を 手作りいちごジャム

2021年5月8日

こんにちは!

3兄弟母ちゃん、さとみんです。

毎日家事や子育て、またはお仕事の方も、両方頑張っている方も、

お疲れさまです!!

今回の記事はジャム作りです。

ジャムの魅力

パン食と相性がいい

我が家の朝食はパン食です。

バタバタする朝でもサッと準備できますし、朝の目覚めのコーヒーとも相性がいいです。

そして、パン食はジャムやバター、オリーブオイルなど様々な味を楽しめます。

以前の記事でも紹介しましたが、我が家の次男、三男は甘いものが大好きです。

そして、甘いものがそんなに好きではない長男もパンにはジャムを塗ります。

比較的簡単につくれるので、色々な果実を使ったジャムを作っています。

今やSNSが普及して、レシピの情報もたくさんありますが、作り方を紹介します。

長期保存できる

砂糖には防腐効果があります。

また、糖度が高いほど防腐効果があります。

市販のジャムは大量の砂糖の他に防腐剤も入っているので、未開封であれば年単位で保存できます。

手作りジャムでもきちんと煮沸などの殺菌処理をすれば、常温で1年程度保管できると言われています。

長期保存できるのは未開封の場合です!

開封後は冷蔵庫に保存して、早めにお召し上がりください。

ジャムのレシピ

今回はジャムの定番であり、子供たちも大好きなイチゴジャムです。

イチゴを他の果物に変えても基本は同じです。

ジャム

  • イチゴ    500g
  • グラニュー糖 200g(イチゴの重量の40%) ※上白糖でも可
  • レモン汁   大さじ1
  • 今回の隠し味 ブラックペッパー2〜3振り
フルーツによって甘味が違いますので、味見をしながら、グラニュー糖やレモン汁の量で味を調整します。グラニュー糖を減らして甘さを控えることもできますが、開封後の日持ちが悪くなります。その場合は、お早めにお召し上がりください。

使用するもの

  • 保存びん
  • 小鍋
  • 木べら、または耐熱性ゴムべら
  • おたま
木べらかゴムべらか
木べらが一般的ですが、最後に鍋のジャムを集める際は、軟らかい素材であるゴムべらの方が作業しやすいです。

 

私のおすすめ
無印良品の「シリコーン調理スプーン」があると、木べら(ゴムべら)、おたまの両方の役割を果たせて便利です!

ジャムの作り方

作る前に

保存びんは、食品用アルコールを吹きかけて、清潔な布巾で拭き取っておきます。

本格的に長期保存(1年くらい)したい場合は、瓶が沈むくらいのお湯を沸かし、中に入れて3〜4分煮沸消毒して水分を拭き取っておきます。

作り方

step
1
イチゴのヘタを取ります。

大きいイチゴはカットします。

冷凍したイチゴでもできますが、解凍したイチゴは水分がかなり出るので、煮詰めるのに時間がかかります。

step
2
鍋にイチゴとグラニュー糖、レモン汁を入れて軽く混ぜてまぶし、水分が出るまで2〜30分放置します。

時間がない時は、10分くらい放置して、潰しながら、3、にいきます。

ボウルに入れるレシピもありますが、鍋に入れれば直接火にかけられますし、洗い物も減らせます。

 

step
3
強火で混ぜながら煮ます。

砂糖が直接鍋に触れている部分があると、そこから焦げてきてしまうので、必ず混ぜてください。

また、弱火だと時間がかかり、香りも飛んでしまいます。

step
4
ひと煮立ちしたら、中火にして木べらで混ぜます。

このタイミングでおたまでアクを取ります。

アクを取ると雑味のないジャムになります。

焦げないようにときどき混ぜながら、30分くらい煮詰めます。

step
5
とろみがついたら、隠し味のブラックペッパーをほんの少し入れて混ぜます。

ただ甘い、だけでなく味に締まりが出ます。

step
6
イチゴの形が残っているくらいで火からおろします。

step
7
熱いうちに保存びんにジャムを入れます。

 

step
8
蓋をしっかりして冷めるまで逆さにします。

おわりに

今回はイチゴジャムの作り方を紹介しました。

誰でも簡単に作れますから、挑戦してみてくださいね。

練乳入りやホワイトチョコ入り、バニラ入りなどバリエーションもできますし、スコーンに添えたりパフェに入れたり、使い道も幅広いです。

これらの乳製品を混ぜる場合は、レモン汁を入れないでください。

ざらつきが出て、食感が悪くなります。(乳製品が酸性になるとざらつきが出ます。)

今回の記事が何かの参考になれば幸いです。

-ごはん・お菓子
-, , ,

© 2022 男 男 DA 男 (だんだんだだん) Powered by AFFINGER5