イベント

さがみ湖イルミリオンの混雑を避けるには?渋滞回避も含めた4つの方法を紹介!

2022年10月16日

相模湖のイルミネーション「さがみ湖イルミリオン」が最も混雑するのはクリスマスシーズンです。

例年12月中旬~年末年始の時期はカップルが激増しますし、東京や神奈川だけでなく、千葉や茨城から訪れる人もいるんですよね。

周辺道路は渋滞し、入場制限がかかることだってあるんです。

混雑の影響を回避して待ち時間を少しでも少なくするためには…

  • 平日に訪れる
  • 昼から訪れる
  • イベント時期を外す
  • 相模湖側から行く

といった方法があります。

ありきたりな方法に思えるかもしれませんが、少しでも待ち時間が少なくなれば待ち時間の長さにイライラすることもなくなりますよ。

待ち時間の長さは楽しい思い出を苦い思い出に変えてしまうこともあるので、少しでも待ち時間を減らせるように1つ1つ解説しますね。

 

この記事では混雑状況や、少しでも混雑の影響を受けずに済む工夫のほか、入場料の割引情報を載せています。

この記事を読めば、「さがみ湖イルミリオン」をより快適に楽しむことができますよ!

「あしかがフラワーパーク」、「江の島 湘南の宝石」と並んで関東三大イルミネーションの1つに数えられる「さがみ湖イルミリオン」。

是非、その美しさを楽しんでくださいね!

「さがみ湖イルミリオン」の混雑状況

「さがみ湖イルミリオン」は2022年11月12日~2023年4月2日とかなり長い期間開催されています。

開催期間中混雑するのが、クリスマス~年末年始にかけてや、バレンタインデーの辺りです。

クリスマスや年末年始、バレンタインデーの時期になるとカップルでの来場者が激増するので、「さがみ湖イルミリオン」も大混雑するんですよね。

特にクリスマスの時期は例年人が押し寄せてくるので混雑必至です。

コロナ禍でも混雑ぶりは相変わらずで、あまりの人の多さに入場規制がかかることもあるんです!

観覧車やペアリフトに乗って、イルミネーションを眺めるのも「さがみ湖イルミリオン」の楽しみ方の1つ。

なんですけど、考えることはみんな一緒で待ち時間が長いんですよね…

 

「さがみ湖イルミリオン」は会場内も混雑しますが、周辺道路の渋滞もかなりのもの。

夜のイルミネーションだけを目的に来場するカップルは結構多くて、17時頃にはかなり渋滞しているんです。

「さがみ湖イルミリオン」の駐車場入り口から5km以上の渋滞が発生することもあります。

あまりの渋滞に諦めちゃう人もいるくらいなんです。

5kmって通常車で10分ほどの距離なんですけど、大渋滞の影響で会場入りに4時間もかかった例もありますよ!

閉園時間を迎えると、イルミネーションを楽しんでいたみんなが一斉に帰るので今度は帰宅渋滞が始まります!

駐車場から出るだけで1時間以上かかることもあるんです。

行きも帰りも渋滞のピークに捕まると「さがみ湖イルミリオン」を楽しむ時間よりも車に乗ってる時間が圧倒的に長くなっちゃうなんてことも…

「さがみ湖イルミリオン」も混雑しますが、周辺道路の混雑もかなりのものなんです。

「さがみ湖イルミリオン」混雑(渋滞)を避けるためには

「さがみ湖イルミリオン」の会場って山の中なので、基本的に抜け道とか迂回路が無いんですよね。

ですから、混雑を避ける様に行動することが大切なんです。

 

「さがみ湖イルミリオン」の渋滞を少しでも避けるためには…

  • 平日に訪れる(休日程は混雑しない)
  • 昼から訪れる(満車になる前に駐車する)
  • イベント時期を外す(クリスマスの時期などカップルが増える時期を避ける)
  • 相模湖側から行く(右折渋滞に巻き込まれないようにする)

といった方法があります。

ありきたりな方法ですけど、知っているか知らないかの差は大きいですよ。

何も知らずに「さがみ湖イルミリオン」に行っても、最悪の場合 渋滞に巻き込まれるだけで閉園時間を迎えてしまうなんてことも…

1つ1つはちょっとしたことなので、できるだけ混雑を避ける行動を取ってくださいね!

「さがみ湖イルミリオン」 混雑を避けるために平日に訪れる

「さがみ湖イルミリオン」の混雑を避ける一番簡単な方法は平日に訪れることです。

やはり土日の休みを利用して「さがみ湖イルミリオン」に来場する人が多いので、平日は混雑していないことが多いんです。

特に「さがみ湖イルミリオン」が始まる11月や12月上旬の平日は空いていますよ。

平日でもクリスマスシーズンとなる12月下旬なんかは混雑することもあるんです。

平日は空いていることが多いんですけど、混雑する時期を避けることも大切なんですよ!

「さがみ湖イルミリオン」 駐車場待ちを避けるために昼から訪れる(特に休日)

「さがみ湖イルミリオン」を目的に夕方以降に訪れる人って結構いるんですよね。

「さがみ湖イルミリオン」が開催される「さがみ湖プレジャーフォレスト」はアトラクションやBBQ、温泉まで楽しめる施設なんです。

夕方混雑する前、お昼の内に「さがみ湖プレジャーフォレスト」に来ちゃえば渋滞に巻き込まれるリスクは低くなりますよ!

日中はアトラクションを楽しんで、食事を済ませてからイルミネーションを楽しむ。

そして、イルミネーションの点灯と同時に「さがみ湖イルミリオン」を思う存分楽しむ。

最後は、閉園時間の1時間くらい前に早めに帰れば、帰りの渋滞を避けることもできるんです。

イルミネーションだけが目当ての場合、遅くても16時頃には行くようにしてくださいね!

夕方から急激に混雑するので、できるだけ早めに訪れることをオススメします!!

 

ちなみに…

早めに駐車場を訪れて、駐車場で待機することも認められています。

ただ、駐車場にはトイレくらいしか施設がないので、うまく時間をつぶせるように工夫が必要ですよ!

「さがみ湖イルミリオン」 混雑を避けるためにイベント時期を避ける

平日は仕事休めないし、家族やパートナーの都合もあって休日しか行けない!

そんなあなたは、クリスマスシーズンなどイベント時期を避けて訪れることをオススメします。

家族や恋人とクリスマスの時期にイルミネーションを見るって、気分がとても上がりますよね!

でも、渋滞や混雑のせいでイルミネーションの素敵な思い出が、イライラしたり、沈黙が気まずい思い出に変わっちゃうかも…

どうしてもイベントの時期に行きたいこだわりがあるのなら別ですけど、純粋にイルミネーションを楽しみたいのならイベント時期を避けることを考えてみてくださいね!

 

クリスマスの時期以外にも、年末年始やバレンタインデーもカップルが多くて混雑することが多いですよ。

あと、冬休みの時期も比較的混雑しますよ!

 

実は「さがみ湖イルミリオン」って3月下旬から4月初旬にかけて「夜桜イルミリオン」が開催されてフィナーレを迎えるんですよね。

「夜桜イルミリオン」の時期も割と混雑するので要注意です。

 

色々書いちゃったので、休日でも比較的空いている時期をまとめますね。

  • 11月~12月初旬
  • 1月中旬~3月上旬(ただし、バレンタインデー近辺を避ける)

「さがみ湖イルミリオン」少しでも渋滞を避けるために相模湖側から行く

「さがみ湖イルミリオン」の会場である「さがみ湖プレジャーフォレスト」って相模湖側から行くと、左折入庫になるんですよね。

反対側の橋本方面から来ると右折入庫になるので、右折待ち渋滞が発生しちゃうんです。

しかも、混雑が増すと右折入庫禁止になる日もあるので要注意です!

渋滞にはまっても左折入庫なら待てば駐車場に入れますが、右折入庫渋滞にはまるといつまでたっても駐車場に入れないなんてことになりかねないんです!

渋滞覚悟で夕方以降に「さがみ湖イルミリオン」を訪れるなら左折入庫は必須です。

 

肝心の相模湖側から行くルートですが、2パターンあります。

  • 中央道を使うルート
  • 県道517号線を使って迂回するルート

1つ1つ紹介しますね。

中央道を使うルート

中央道を使うルートは簡単です。

東京方面から来た場合は相模湖東出口から、山梨方面から来た場合は相模湖ICを降りるだけ。

後は国道412号線を使って「さがみ湖プレジャーフォレスト」を目指せば左折入庫できます。

相模湖東出口は出口専用で、帰りは使えないので気を付けてくださいね。

帰りは相模湖ICから中央道に乗ることができますよ!

県道517号線を使って迂回するルート

国道412号線を橋本方面から来た場合、「さがみ湖プレジャーフォレスト」には右折入庫することになります。

右折入庫を避けるためには、県道517号線を使って迂回する必要があります。

国道412号線を「さがみ湖プレジャーフォレスト」に向かって走っていると「阿津」とうい交差点があります。

「阿津」を右折します。

しばらく進むとトンネルがあります。

トンネルを出たところを左折します。(正面の橋は渡りません!)

後は道なりに進むと左手に「さがみ湖プレジャーフォレスト」が見えるので左折入庫できますよ!

番外編:「さがみ湖イルミリオン」は雨天でも開催してます

「さがみ湖イルミリオン」って雨天でも開催しています。

さすがに雨が降ると来場をためらう人も多いので…割と空いています。

雨で光る地面がより綺麗に見えるので、雨降りなりの良さもあるんです。

ただ、イルミネーションの時期はただでさえ寒いのに、雨に打たれるのでより対策が必要です。

傘でもいいですけど、レインウェアを持っているならレインウェアがオススメ。

両手がフリーになりますし、レインウェアって意外と温かいんですよね。

アウトドアが趣味でそこそこ性能がいいレインウェア持っているなら、雨天時を狙るのもアリ!?

「さがみ湖イルミリオン」駐車場の混雑状況

「さがみ湖イルミリオン」が開催される「さがみ湖プレジャーフォレスト」は2500台もの大きな駐車場があります。

それでも「さがみ湖イルミリオン」の時期は満車になることもあるんですよ!

満車になる場合、臨時駐車場が設置されることもありますが、会場からかなり離れています。

駐車場が満車にある恐れがあるイベントシーズンに「さがみ湖イルミリオン」を見に行くなら、公共交通機関を利用するすることも検討してくださいね!

渋滞には巻き込まれるかもしれませんが、満車で入れないってことはありませんから…

「さがみ湖イルミリオン」臨時駐車場情報

「さがみ湖イルミリオン」の会場「さがみ湖プレジャーフォレスト」の駐車場が満車になった場合、臨時駐車場が設置される場合があります。

臨時駐車場っていっても公園の駐車場なんですけど、かなり離れた場所にあります。

臨時駐車場として利用された公園を紹介しますね。

ちなみに…歩くと30分以上かかるので、覚悟を決めて利用してください。

①相模湖林間公園

相模湖林間公園はさがみ湖プレジャーフォレストの東側にある公園です。

橋本方面から来た場合、相模湖林間公園が手前にあります。

「さがみ湖プレジャーフォレスト」の駐車場が満車だと分かっているなら、相模湖林間公園の駐車場に停めてしまうのも手です。

ただ「さがみ湖プレジャーフォレスト」まで30分程登り道を歩くことになるので、なかなか大変な道のりです…

住所 〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳
駐車台数 143台

①相模湖公園

相模湖公園はJR相模湖駅から徒歩10分ほどのところにある公園です。

中央道を利用して来た場合「さがみ湖プレジャーフォレスト」より手前にある公園です。

相模湖公園から「さがみ湖プレジャーフォレスト」までは徒歩で40分!

相模湖林間公園からのルートと違って下りとは言え、辛いですよね…

往復を考えると…

せめて帰りは相模湖駅までバスを利用することを考えてくださいね。

住所 〒252-0171 神奈川県相模原市緑区与瀬
駐車台数 138台

「さがみ湖イルミリオン」アクセス

「さがみ湖プレジャーフォレスト」の最寄り駅はJR相模湖駅ですが、徒歩だと1時間弱歩くことになるんです。

マイカーかバスを利用して「さがみ湖プレジャーフォレスト」に訪れることになります。

高速道路(主要ICからの所要時間)

利用IC 所要時間 備考
圏央道・相模原IC 15分 国道412号
中央道・相模湖東出口 8分 国道20号→国道412号
中央道・相模湖IC 10分 国道20号→国道412号

※中央道(特に小仏トンネル付近)が渋滞している場合、圏央道の高尾山ICで降りて、国道20号線を使った方が早い場合があります。

(引用:さがみ湖プレジャーフォレスト HP)

 

路線バス

相模湖駅・1番のりば「三ケ木(みかげ)ゆき」

バス系統 経由 備考
湖21 プレジャーフォレスト前 約6分
湖22 寸沢嵐坂上 プレジャーフォレスト前までは、湖21系統と同じルート

料金は大人200円、小人100円です。

 

橋本駅北口・1番のりば「三ケ木(みかげ)ゆき」

バス系統 経由 備考
橋11 久保沢・三ヶ木 プレジャーフォレスト前直行バス
橋01 久保沢・中野 三ヶ木で湖21系統「相模湖駅ゆき」へ乗り換え

直行バスの橋11系統の料金は大人560円、小人280円です。

三ヶ木で乗り換える橋01系統を利用する場合、料金は大人690円、小人350円と割高なので要注意です!

 

小人料金は小学生以下に適用されます。

1歳未満の幼児は無料、1歳~6歳未満の子どもは大人1人につき2人まで無料、3人目以降は人数分の小人料金が発生します。

さがみ湖プレジャーフォレスト チケット情報

さがみ湖プレジャーフォレストの入園料は以下の通りです。

大人 小人・シニア
入園券 1,900円 1,200円
入園券+フリーパス 4,500円 3,700円
入場料+ナイトフリーパス 2,800円 2,200円
イルミリオンチケット(入場料+リフト券) 1,500円 1,100円

「さがみ湖イルミリオン」が開催されている時期は16時以降に入場するナイトフリーパス、イルミリオンチケットの販売があるんです。

「さがみ湖イルミリオン」だけを楽しむなら、ナイトフリーパスやイルミリオンチケットが割安なんですよね。

チケットが割安なことが夕方以降が混雑する理由の1つになってるんです。

さがみ湖プレジャーフォレスト チケット割引情報

1日遊ぶとなると割と費用がかかるチケット料金。

チケットを少しでも安く購入したいですよね。

そんなあなたのために、割引情報をまとめました。

割引料金 備考
メルマガ割 入園券:-300円

入園券+フリーパス:-400円

入場券+フリーパス:-200円

イルミリオンチケット:-100円

メルマガに登録するだけ!
メルマガ限定誕生月割引 入園券:-700円

入園券+フリーパス:-700円

メルマガ限定。

メルマガにログインして、誕生日割引を提示。

かながわ子育て応援パスポート 入園券:-300円

入園券+フリーパス:-300円

子育て応援パスポート提示で割引。

登録は無料。

JAF会員割引 入園券:-100円

入園券+フリーパス:-100円

窓口で会員証を提示で割引。
エポスカード割引 入園券:-100円

入園券+フリーパス:-100円

エポスカードで支払いすることで割引。

最大5人まで

イオンマークのカード 入園券:-100円

入園券+フリーパス:-100円

窓口でイオンマークの付いたカードを提示すると割引。

その他会社の福利厚生として「WELBOX」や「ベネフィットステーション」に加入している場合は、100円の割引が受けられますよ!

 

色々と紹介しましたが、誕生月割があって、割引額も大きいメルマガ割が一番手軽でお得。

メルマガを登録するだけなので、是非登録してみてくださいね!

登録はコチラからできますよ!

「さがみ湖イルミリオン」の見どころ

「さがみ湖イルミリオン」の見どころといえば、関東最大規模の600万個ものLEDと水の演出が魅力です。

「さがみ湖イルミリオン」は「あしかがフラワーパーク」「江の島 湘南の宝石」とならんで関東三大イルミネーションに選ばれているんです。

三大イルミネーションのうち2つは神奈川県。

神奈川県民なら一度は訪れたいですよね!

 

ところで、ライトアップとイルミネーションの違いってご存知でしょうか。

ライトアップとイルミネーションの違いを調べてみましたので、興味のあるあなたは是非ご覧ください。

【光の役割が違うんです】「イルミネーション」と「ライトアップ」違いを解説!

「さがみ湖イルミリオン」概要

「さがみ湖イルミリオン」は「さがみ湖プレジャーフォレスト」で開催されています。

ナビを設定する場合、旧名称の「さがみ湖ピクニックランド」で表示されることがあります。

同じ場所なのですが、住所を確認するとより安心ですね。

住所 〒252-0175 神奈川県相模原市緑区若柳1634
電話番号 0570-037-353
営業時間 11月

平日:16:00~20:00

土日祝日:16:00~21:00

※18日、25日は16:00~20:30

12月

1日:16:00~20:00

2日:16:00~20:30

5日~23日の平日:16:00~21:00

土日・26日~30日:16:00~21:30

1月

平日・9日:16:00~20:00

1~3日・7~15日の土日:16:00~21:30

21~29日の土日:16:00~20:30

2月

平日:16:00~20:00

土日祝日:16:00~20:30

3月

17日までの平日:16:00~20:00

17日までの土日:16:00~20:30

3月18日~4月2日:16:00~21:00

まとめ

相模湖のイルミネーション「さがみ湖イルミリオン」が最も混雑するのはクリスマスシーズンです。

例年12月中旬~年末年始の時期は遠く千葉や茨城からカップルがイルミネーション目当てに訪れるんです!

周辺道路は渋滞し、入場制限がかかることだってありますよ。

混雑の影響を回避して待ち時間を少しでも少なく手段として

  • 平日に訪れる(休日程は混雑しない)
  • 昼から訪れる(満車になる前に駐車する)
  • イベント時期を外す(クリスマスの時期などカップルが増える時期を避ける)
  • 相模湖側から行く(右折渋滞に巻き込まれないようにする)

といった方法を紹介しました。

1つ1つはありきたりな方法に思えるかもしれませんが、少しでも待ち時間が少なくなれば待ち時間の長さにイライラすることもなくなりますよ。

待ち時間の長さは楽しい思い出を苦い思い出に変えてしまうこともあるので、少しでも待ち時間を減らしてイルミネーションを楽しんでくださいね!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

少しでも混雑を避けて、イルミネーションを楽しみたいあなたの参考になれば幸いです。

-イベント
-

© 2022 男 男 DA 男 (だんだんだだん) Powered by AFFINGER5